今日は梅雨の合間の穏やかなお天気でした。如何お過ごしでしようか。

 4日は午前中、川西市小学校の運動会観戦。午後は「石道ゲンジボタル観察会」に参加。畦野駅から石道まで約4キロを自然観察しながら歩きました。夜が更けてホタル鑑賞。石道の田圃や小川には沢山のホタルが現れました。身近にある豊かな自然は大切にし、子ども達に残していきたいと心から思います。

 5日は川西北小学校区の地区福祉委員会総会など。

 先月28日にアステホールで開催した集会「今こそ脱原発 福島原発事故で何が起こったか」は400席満員、立ち見の方もおられるほどの盛況でした。ご参加頂いた皆さん有難うございました。小林圭二元京都大学原子炉実験所講師は、福島原発1~3号機では原子炉圧力容器底部を溶かし、大量の高レベル放射能汚染水を漏らしている。4・5号機も危険な状態。たった一回の原発事故が取り返しのつかない破局的被害を出し、未来永劫子ども達に負担と危険を押しつけることになる。今回の事故は人災であり、原子力研究者として無念。原発を一刻も早く止めるために頑張る」と訴えられました。私も自分の立場から脱原発に向けて力を尽くしていきたいと思います。

 管内閣への不信任案を巡る動き、皆さんは如何お考えですか。確かに現政権の被災者支援、原発事故対応に問題大ありです。しかし今国会の果たすべき役割は、内閣の問題点を厳しく指摘し、必要な手立てを迅速かつ着実に実行できるようにすることではないでしょうか。危険な原発を散々推進してきた自民党より、管さんの方がマシだと私は思います。