寒暖の差の激しい毎日です。

 26日は川西市文化会館大集会室で川西市議会自治市民クラブ公開学習会「オールドニュータウンで暮らす人々の課題」を開催しました。講師は大阪大学の澤木昌典教授。約100名の市民にご参加を頂きました。澤木先生は豊富な資料に基づいて、1960年代、70年代に開発されたニュータウンの現状と課題について分析し、今後の対処策移として住住み替え支援、若者の入居促進策、コミュニティやNPOによる地域活性化策などをを提起してくださいました。川西市でもニュータウンの高齢化が進み、交通弱者や空家増加への対応が迫られています。若い頃は、自然豊かで閑静な広々とした住宅として満足していても、加齢と共に「勾配がきつい」「駅まで遠い」「住みにくい」となってきます。住宅都市としての魅力を最大限活かしながら、若年者、高齢者がどのように暮らすことが良いのか。行政、デベロッパー、住民、NPO、福祉団体、コミュニティ組織、それぞれが知恵と力を出し合い解決していきたいと思います。

 27日は神戸市西区での社民党報告会に参加。阿部知子社民党政審会長、服部良一衆議院議員などが駆け付け、東日本大震災被災地視察報告や福島原発事故の課題についてお話しして頂きました。来月の神戸市議選に立候補する高田勝之君が決意を表明。私も閉会挨拶で高田君へのエールを送りました。被災地の事を思うと選挙どころではありません。しかし、選挙は民主主義社会の基礎となるものです。しっかりと自分の信念と政策を有権者に伝えて行かなくてはなりません。ご理解ください。