夏真っ盛り、如何お過ごしでしようか。

 さて、「被災地から学ぶこと」と題する集いを下記の通り開催します。お気軽にご参加ください
 

報 告 渡辺 静雄さん
(被災地復興支援ボランティア・元小学校教員)
  講 演 服部 良一さん
(衆議院議員・社民党原発事故対策本部事務局長)

  と き 7月18日(月・祝)午後2時~4時 (受付1時30分~)

  ところ 川西市文化会館3階 講座室 
         川西市丸の内町5-1(阪急バス 丸の内町停留所すぐ)

  資料代 200円  ※定員50名
主催 地域に生きる川西市民の会 090-3613-7069 (北上哲仁)

 宮城県内でボランティア活動を続ける渡辺静雄さん(川西市大和在住)は「復旧の決め手は人。今必要なのは物資より人だ」と語っておられます。また震災直後に福島県を訪れ、南相馬市長とも懇談した服部良一衆議院議員は、原発事故の収束と住民の健康被害防止のために国会内外を奔走するとともに、脱原発、エネルギー政策の転換を訴えておられます。いま私たちは被災地から何を学び、何を成すべきなのでしょうか。
 渡辺さんから、被災地復興ボランティアの経験をご報告頂きます。服部衆議院議員からは、福島原発事故の実態と「脱原発アクションプログラム」について語って頂きます。