三倍ラッキー

 23日は朝から猪名川町旭ヶ丘のギャラリージクウ22で、「二人展 塚本龍/洋画&鍛冶ゆう子/陶」を鑑賞しました。ギャラリーの屋上からは大野山も見張らせ、周囲の山々の紅葉を楽しむこともできました。お二人の作品が素晴らしいのは言うまでもありませんが、秋晴れの澄んだ空気のなか景色も含め三倍ラッキーな作品展でした。その後、川西能勢口のアステホール、ぴぃぷぅ広場で開催された川西市文化協会芸術祭を鑑賞させていただきました。市民の皆さんの心のこもっと作品に時間のたつのも忘れ見入ってしまいました。芸術鑑賞でしっかり鋭気を養い、夕方からは事務所で事務作業に取り組みました。

 24日午前中は「川西市交通問題協議会」の会議で、交通施策全般について議論。特に生活道路の交通安全対策、公共交通のバリアフリー、駐輪場の整備等について熱心に話し合いました。この協議会には電車・バス・タクシー・輸送事業等の労働組合の代表がおられ、現場の生の声をお聴きできる貴重な場です。大変勉強になります。午後からは市民相談2件と、12月議会質問の準備。夜は宝塚市内で会議。

市民合唱祭

 21日は地域に生きる川西市民の会主催の「出前講座 中央北地区のまちづくり」に参加。川西能勢口駅北側の皮革工場跡地など22haの再開発について、市担当職員からの説明を受け、話し合いました。区域全体を、「生活」「集客」「産業・業務」「公益」の4つのゾーンに分け整備計画が立てられています。道路や公園などの基盤整備は市が行い、その他のゾーンは地権者らが組織する「まちづくり協議会」で議論されていきます。川西の将来にとってきわめて大切な事業、市民生活や都市間競争に大きく影響する再開発です。成熟した住宅都市としてより洗練されていくようにしたいです。

 夜は茨木市内で開催された「労働法」の学習会に参加。川西市で計画される「社会福祉事業団」と「社会福祉協議会」との統合にあたって、職員の労働条件等の調整について、弁護士からアドバイスを頂きました。
 
 22日は午前中、東谷地区の文化祭に家族で参加。市民の皆さんの作品を鑑賞したり、子どもお茶席で抹茶を頂いたりしました。また、老朽化した東谷公民館の改修についての要望意見も受けました。

 午後は川西市文化会館で開催された「市民合唱祭」を聴きに行きました。心を潤し、また和ませる時間を頂きました。主催者のご挨拶で、「歌は作品としての形は残らない。歌声は一瞬で消えていく。でも、一人ひとりの心に感動として、いつまでも残る」というお話をされました。本当にその通りの素晴らしいコンサートでした。

 夜は高槻市内での親しい人たちとの会合。政権交代後の政治状況について意見交換しました。

審議会、協議会などが続きました

 18日は午前中、会派の新年度予算要望について議論。午後は都市計画審議会に委員として参加。審議事項は久代の摂代地区や清和台西地区の地区計画等。
 19日は広報委員会、内容は決算審査特別委員会特集の議会だより発行について。委員会終了後、川西市PTA連合の人権フォーラム2009に遅れて参加。川西市で初めて盲導犬を貸与された桑野秀子さんの講演を聞きました。PTAの皆さんが手作りで運営するフォーラム、桑野さんの講演も保護者の挨拶もとても心のこもった熱いものでした。
 20日は午前中、議員協議会で保育所整備計画について、厚生経済委員協議会で清和台中学校区および多田・緑台中学校区への民間認可保育所整備法人の公募について協議しました。午後は会派で新年度予算要望について議論。
 
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ